So-net無料ブログ作成
検索選択

大きい子

IMG_3848.JPG
いつものことです。
お腹がゆるいので病院へ。

混んでる様子。

IMG_3850.PNG
なお、病院、黒塗りの車に囲まれてる模様。

なお、奥の車
病院の玄関前スロープ状のところまで大幅に乗り上げ
病院のドアがギリギリ開閉できる程度。

あーやだやだ。

明日の朝、車乗ろうと思ったら
タイヤが全部バームクーヘンになっていればいいのに。


邪魔くさっ。


結構デカい声で言ったら運転席に人が乗ってました。
チカッと目が合いました。
こんな停め方してるから、てっきりお留守かと‥

奥さんらしき人が院内で
ドライフードの大袋を買って出て行きました。



まだ時期的に混んでる院内
イタグレさんお膝の上で
ショーンさんもお膝の上で
順番待ちです。

診察室の奥から
『大きい子出まーす』と先生の声。

そうは言っても
せいぜい大きめのゴールデン辺りかと思って油断していました。


そして診察室から出てきたのは
ミックスでしょうか、まあまあ大きいは大きかったのですが
目に入る犬に片っ端からガルガルまくし立てるスケバンでした。


顔は止めな、ボディにしな。


油断していた
イタグレさんとショーンさんの飼い主
蜘蛛の子を散らすように四方へ避難しました。

ロープロープロープ。


あぶねー、あぶねー。

イタグレさんは噛まれたら骨折れちゃいそうだものね。
ショーンは売られた喧嘩は是非買いたいタイプだから
待合室が地獄絵図になってしまうからね。

態度の大きい子だったのね。納得。


スケバンさんが帰って
イタグレさんが呼ばれて診察室へ入っていき
ほっと一息。
気がつけばドアが開けっ放しになっている。

さすがスケバンさんです。
開けっぱに決まってます。

このままでは真面目な生徒たちが危ないので
閉めに行こうとした時にショーンの順番が来て呼ばれる。

ドアを閉めに行こうとする飼い主。
やっと俺の順番が来た犬。

呼ばれなくても入っていきたい診察室なのに
呼ばれたら200%の状態で弾丸のごとく飛び込むのに
今日は俺の背中のロープがもの凄い力で阻止をしてくる。

是が非でも診察室に入りたい、俺。
先生に魅せたい、俺。

絶対に分が悪い飼い主。

診察室の中には先生がいるし
リード放せば飛び込んで行くしで
『じゃあ先に行ってて』とリードを放して
私は念願だったドアを閉めました。


『先に行ってて。っていうの初めてよ』
と先生に笑われました。

ちょうど体重測ってるところでした。



ちょっと、焼きそばパン買ってきて。チェリオ買ってきて。

買ってこれるんじゃないかと思うくらい
人間っぽく成熟されたショーンです。


ショーン、バームクーヘン4個買ってきて。
今すぐ。



nice!(1)  コメント(1) 
共通テーマ:ペット